人気ブログランキング |

次女の出産日記 vbacしました ④



今月は27日もレッスンあります(^o^)/








もうさ、途中になってたことすら忘れてたという
ポンコツっぷりですが・・・
なんとか忘れないうちに記録しておきます^^

前置きはもう相当したので・・・








以前も書きましたが
私が出産した札幌の病院は
VBAC出産を受け入れてくれる先生がお一人で
その先生の管理していただける時間での出産になるため
計画出産でした。

つまり、自然にくる陣痛を待つのではなく
入院日を決めて
前日に器具を使って子宮口をひろげで
当日朝から促進剤をうち
出産に至らせるという感じ。

私が入院になったのは38週の前半。
全然陣痛も来ていないので
お気楽な感じでふらりと入院。

促進剤スタートは翌日だったので
夜の間に子宮口がいい感じに開くように
ラミナリアという海綿のようなものを
内診台に乗ってちゃっちゃと入れてもらいました。

勿論事前に検索魔になっていた私だったので
人によってはすんごい痛い!とあり
ぶるぶるだったのですが
私は全然痛くない人だったようで
先生も最後の方は
『お。大丈夫だな。よしもういっちょいったれ!』
みたいな感じでガンガン入れてくれた模様でした(笑)

確か・・・12本?だった気がします。
このように痛くない人もいます。

そして普通に就寝。

そして朝食。

帝王切開との違いは、朝ご飯を食べられること。
そう考えるとやはり体に大きな切り傷を入れない分
母体にかかる負担は軽いと思いました。


朝の検診で子宮口をチェック。
『3.5センチだね~。(ちょっとうろ覚え)
促進剤いってみよ!』
との事で、陣痛室に移動します。

私が出産した病院は総合病院で
母子周産期医療センターにも指定されている
設備充実で安心感のある病院でしたが
おしゃれ感はゼロ(笑)

カーテンで仕切られた大部屋で3人同時に陣痛にひたすら耐えます。
私は真ん中。

私は夫が同伴してくれたので
促進剤開始時のゆる~い陣痛の時は相当気楽に
雑談ばかりしていました。

『うまれたらおいしいもの食べたいけどさ~きっとバタバタ・・・・

 !!(痛みきました)・・・・・・・ふうううううううう~・・・

 だよね。あー当分ビールも飲めないな~云々』

みたいな。

そうこうしているうちに、周りの妊婦さんが大盛り上がり!
皆さん結構絶叫系で超エキサイトしていて
私ももうすぐ痛みの渦に巻き込まれてああなるのかな・・・・
とにかくできるところまで呼吸でひっそり乗り切ろう・・・・と
夫と二人震え上がっていました。

そしてあとからお聞きしたら経腟分娩2回目の方ばかりだったようで
(ほかの方は陣痛からの普通分娩)
進みが本当に早い!
痛い!!!産まれる~~~~~~~!!!!と叫びながら
わっしょいわっしょいと分娩室に担ぎ込まれ
モノの10分程度でおぎゃ~~~~!の声!
おお・・・本当に生まれてる・・・(笑)
進みが早いと、呼吸云々いってる場合じゃないくらい
いきなり激痛い感じになるんだろうな〜と
思います。
私が相当冷静だったのは
進みがじわじわ系だったからというのも
かなりあると思います。



コツコツ陣痛を逃しつつ
子宮口も6センチを超えたころには
結構相当痛くなってきていて
部屋に来ては
『生まれる~~~~~~!!!!』と風のように出産を終える
他の方たちを、めっちゃうらやましい気持ちで見送っていました。

そして、呼吸だけでは辛すぎて
『ふううううう・・・・ったたたたた(>_<)』みたいな声も出始めたころ
担当の先生が様子を見に来て
『痛い?』
と。
『めっちゃ痛いです・・・・』
と答えると
『普通に答えてるうちはまだまだ(^。^))
とつぶやき去って行かれました。

こんなに痛いのに・・・という絶望感。

そして省略してきましたが、陣痛の波が来るたび
夫はテニスボールで全力で尾骨のあたりを押し続けています。
少しでもタイミングが遅れようものなら
『おそいっ!!もっと体重かけて真剣に! 』とか
叱り飛ばされるので(私に)めっちゃ頑張ってました。
本当に痛みが結構まぎれるのでテニスボール必携です。

そして夫婦ともどもくたくたになった19時。
先生による子宮口チェック。
『6.5センチだな。今日はここまで。また明日朝からね~』
とのお言葉。

まじですか。
そんなことってありますか。
こんなに頑張ったのに今日で終わらないんですか・・・。

絶望している私に先生は

『ここまで行けたら子宮破裂のリスクはほぼないから
 明日はちゃんと生まれるはず。がんばろ~』
と言ってくださって、、それはとっても嬉しかった。

でも朝からメニューを見て
すがすがしく食べようと誓っていた
夕飯のうな重は(この日だけめっちゃ豪華だった)
痛みで全く食べられず、夫に食べてもらいました。
ちくしょう。

促進剤は止まったものの
子宮口がある程度開いているので
自然の陣痛がつき
この日は痛みでほぼ眠れない夜を過ごしました。
痛みで震えるっていう体験も初めてでした。
そして赤ちゃんの頭がずんずん降りてきてるからか
やたらトイレが近く
大部屋からわりと歩くトイレまで
途中何度もうずくまりながら
朝まで何度も通いました。

本当に辛かったけど
赤ちゃんも頑張ってると思うと頑張れた。

私は結構ちゃらんぽらんな人間だし
ガマンは苦手、根性もないやつですが(最低だな)
それでも子供のためなら結構やれちゃうものなんだなと
思います。

やれちゃうからみんな頑張ってしまって
産後も睡眠もろくにとれない中
オーバーヒートするまで頑張り続けて
壊れる人がとても多い。

妊娠出産育児って
それだけみんな結構死ぬほど頑張ってるんだよね。

出産を振りかえって改めてそう思いました。

あまりにも長くなったので続きます(^o^)


















by daisy-yoga | 2019-03-18 22:04 | 【vbac (帝王切開後の普通分娩)】 | Comments(0)

整体院の休日(水曜)に開催の、産後・マタニティ専門ヨガ教室|ヨガ初めての方大歓迎 |保育士による託児あります


by daisy-yoga
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る